FC2ブログ

【2018年版】 Entropay エントロペイ 銀行送金による出金方法(withdraw) と手数料

エントロペイ,出金方法

エントロペイ(Entropay)が利用できるブックメーカー「bet365」、「ウィリアムヒル」、「1XBET」から利益が出た場合の出金手段として下記が主な方法となります。

  1. 各ブックメーカー→エントロペイEntropay→国内銀行へ出金
  2. 各ブックメーカー→エントロペイEntropayエコペイズecoPayzに送金しecoCardで出金

どちらの方法も、各手数料が発生しますが、ちゃんと手元に現金をお引きだす事ができます。出金に関して不安を抱いている方が多いので、その方法を説明していきます。

こちらの記事では1番のエントロペイEntropayから国内銀行へ出金方法を解説していますので、是非参考にしてください。

※2017年7月4日よりエントロペイのサイトがリニューアルしています。出金に関しては以前と少し異なり「ウォレット」という新機能を使うことになります。


エントロペイ(Entropay)から国内銀行へ出金する方法


まず各ブックメーカーにお金がある場合は、ブックメーカーからエントロペイにお金を送金します。ここでは例でbet365からの出金手順を紹介していきます。

>>Bet365からエントロペイEntropayに出金する方法 (Withdraw)


bet365からエントロペイへお金が着金するまで約半日ほどかかり、エントロペイに着金しますと下記のようなお知らせが表示されます。

エントロペイ,出金

着金したお金は「【2018年版】簡単 entropay エントロペイ登録・入金方法(register・deposit)」で作成したあなたのエントロペイカードに入っています。

それではエントロペイにお金がある状態になりましたので、国内銀行への出金手続きに入ります。

1、エントロペイカード情報下の「ウォレットに送金」をクリックします。

エントロペイ,出金

2、ウォレットに送りたい金額を決めて、「送金」ボタンをクリックします。この際の手数料は無料です。

エントロペイ,出金

3、次の画面で「あなたの財布に送られました」と表示されます。エントロペイカードの残高も減っていますね。

エントロペイ,出金

4、次に画面右上の「人のマーク」をクリックし、「ウォレット」をクリックします。

エントロペイ,出金

5、以前からエントロペイを利用し国内銀行口座を登録している方は引き継がれていますが、まだ口座情報を入力していない人は「新規追加」で口座情報を入力していきましょう。

エントロペイ,出金

6、口座情報は英語で入力してください。銀行正式名、銀行支店の住所、SWIFTコード、銀行コード、支店コードはあなたの持っている銀行口座のサイトで調べることができます。IBANの入力は不要です。銀行口座のニックネームはエントロペイ側で利用する情報となります。口座を複数登録する時にどの口座情報かを区別する際のニックネームです。入力後、「口座情報を追加」をクリックします。

エントロペイ,出金

7、銀行口座情報の追加後、先ほどの画面の「資金のお引き出し」をクリックします。

エントロペイ, 出金

8、銀行口座の選択欄では、先ほどのニックネームが表示されているかと思います。出金したい金額を入力し、最後に資金のお引き出しをクリックします。

※手数料は以前と変わらず、一律14.99USD(約1500円)です。出金したい金額+手数料がウォレットから引かれます。

エントロペイ,出金

9、ここで「Founds has been withdrawn from your wallet to 〜」と緑で表示されれば出金申請の完了です。履歴欄にも銀行口座へのお引き出し詳細が記載されました。反映には最大営業日5日かかります。

エントロペイ,出金



着金確認!めちゃ早い


7月10日に出金申請し、次の日の午後には国内銀行に着金していました。以前は最低でも2日〜3日待っていましたが、今回は1日で出金完了。たまたまかもしれませんが好印象です。ちなみにUFJ銀行。

そして数日後にUFJから明細が届きました。

エントロペイ,出金,銀行

中身はこのようになっています。

エントロペイ,出金

①ご送金額(USDで表示)
②換算相場
③換算円貸額
④被仕向送金取扱手数料
⑤差引金額

エントロペイ設定の通貨がUSDなので、円換算され、被仕向送金取扱手数料の1500円が引かれた差引金額が銀行に振り込まれます。

エントロペイで送金依頼した際に14.99ドル取られていますので手数料の合計は、

14.99ドル×113.22=1697円(エントロペイ)
1500円(UFJ)
合計 1697+1500=3197円

換算相場により手数料は変わってきますが、だいたいこの程度の手数料が取られますので、銀行送金する際はある程度お金が貯まってから出金した方がいいですね。


まとめ


エントロペイから国内銀行へ出金する手順を紹介してきましたがいかがでしたでしょうか?

エントロペイは2017年7月4日にサイトを大きくリニューアルし、「ウォレット」という新オプションが使えます。

各ブックメーカーから送金したお金は一旦あなたのエントロペイカードに着金します。以前はエントロペイカードから銀行への出金という手順でしたが、「エントロペイカードからウォレットへ送金し銀行へ出金する」という箇所が新しくなりました。

エントロペイのプロ会員であれば、エントロペイカードに入金できる金額が7000ドルまでだったので、以前の出金方法では1回の銀行振込が7000ドルまででしたが、今回のウォレットを使えば1回の銀行振込が月60000ドルまで可能です。

手間や出金手数料を考えると、今回のアップグレードは大変メリットのあるものだと思います。

サイトもよりシンプルになり使いやすくなっているエントロペイはbet365利用者には必須です。

>>bet365やウィリアムヒルで利用できる決済サービス「エントロペイ」の登録方法
関連記事

コメント

非公開コメント